子ども・若者支援団体交流サイト 子ども・若者サポートネット信州

今抱く悩みが、明日の勇気に繋がるように

茂菅農場訪問

国道406号線の茂菅大橋の下

濃い緑に囲まれた

茂菅農場を突撃訪問!

 

あまりの突然で信大3年生の農場長はびっくり。

「あなた誰ですか。私はこの農場の責任者です!」

すみません。突然。でも一応、土井先生からお誘い受けたんですよ。

 

この日は、じゃがいもの収穫。

朝まで降った雨で、かなりの湿気。

じゃがいも畑の隣のさつまいも畑はジャングル化。

じゃがいもの収穫に参加したのは、

子ども達約30名とその保護者の皆様。

なんとこの日初めて参加の女子高生10名(高校の半ズボンジャージが初々しい!)

そして、土井先生の門下生16名。

 

土井先生の退官とともに、一時は閉鎖となったらしい茂菅農場。

農場復活のために奮起した第15代目農場長。

横ボーダーのTシャツに黒のジャージ、長靴姿の農場長。

流れる顔の汗をタオルで何度も拭きながら、参加する子ども達の笑顔を見るために

安全運営に心砕いている姿とても頼もしかった。

 

大地に触れ、大地を耕すこと。

大地が人の心を育てるということなんですよね。

土井先生! (K)

 

前の記事へ | 一覧へ戻る | 次の記事へ